体験入店

梅田のセクキャバで体験入店してみた

「初めてなんです、よろしくお願いします」

私は梅田のセクキャバで体験入店をしてみた。
セクキャバって、キャバクラと違って、ドレスがすけすけで「お~……」って若干ひるんだけど、慣れてしまえば意外と行ける。店内も薄暗いしね。
でも、ナイトワーク経験したことがない女の子なら、もっとひるむだろうな、この格好。

さ、仕事仕事~♪

夜景とワイン

体験入店で学んだこと

「初めまして、リサです~」

私は挨拶して、お客さんのドリンクを聞いて。
お客さん用の灰皿を用意して、タバコに火をつけてあげた。そしたらお客さんから「本当に水商売初めてなの? なんか慣れている気がするけど……」って言われた。

「キャバのバイトやってたからですかね~。でも、エッチなサービスは全然したこと無いから優しくしてくださいね♪」って返したんだけど、なかなか上出来な返しじゃない!?

ここまでは、キャバクラのバイトと同じような流れなんだけど、いよいよエッチなこともしないとな。

ドリンクが来て、少し会話を楽しんでからお互いのドリンクを口移し合いっ子したりして。
あんまり激しいキスされると、後が続かないし……と思って、こっち主導で、優しくディープキス。

そしたら、お客さんは自然と優しくしてくれるもので。
こっちが主導になれば、事はうまく運ぶんだなって思いました。

それから、お客さんが私のおっぱいにタッチ。
きたぞ。

「あ、私痛いの苦手なんで優しくしてくださいね」

と言うと、お客さんは、やさし~くやさしく私のおっぱいを揉んできました。
乳首コリコリされるのは避けられたので、ほっ。

その後のハッスルタイムでは、お客さんのお膝に座ってあげて、ちょっとだけ下半身を触るサービスを内緒で入れときました。誰にでもこんなことしないと思うけど。

今日のお客さんは紳士的だからね、おまけしとこうじゃないかと。

なるべく自分が辛くならないようにコントロールしながら挑んだ、梅田セクキャバの体験入店だったけど、無事終わって一安心~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です